肌にいい食べ物で美肌をめざそう!

「肌にいい食べ物ってどんなもの?」肌にいい食べ物なんて聞いたらすぐにでも食べたいと思う人は多いと思いますが、そんな魔法のような食べ物があるのでしょうか?

実は、それがあるのです。ただ肌にいい食べ物と言ってもここで間違えてはいけないのが、そればかりを食べてしまうということです。

食べ物は人間が生きていくために必要なものですから、様々な栄養が必要となってきます。肌に良いからと言って、一つの物に限定してしまうようなことはやめましょう。

と言っても実は肌によい食べ物は、これと決まった食べ物があるということではありません。肌に良いものは体にとっても良いものですから、毎日の食事の中に上手に取り入れていくようにしましょう。


肌によい食べ物は?

m004-035

肌によい食べ物を考える前にまず知っておきたいのが成分です。どのような成分が肌にとっても良いのかを知ることで、どんなものを食べたら良いのかが分かるでしょう。

まずは何と言ってもビタミンです。これらは肌にはとても重要な成分となってきます。中でも抗酸化作用のあるビタミンがお勧めです。

  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • βカロチン
  • ビタミンB2

と言ったものが代表的なものとなってきます。これらの成分を多く含んでいる食べ物を摂るようにしましょう。

さらにリジンやコラーゲンと言ったものも肌によい食べ物となります。

そうは言っても、何を食べたら良いのかということになりますね。ビタミンなどは野菜や肉などに含まれている成分となりますし、リジンも肉や魚、野菜に含まれています。また、コラーゲンは有名ですから良い知っているという人もいるでしょう。

豚足などが有名ですが、ヒラメやカレイなどにも含まれています。コラーゲンは、すっぽんなども有名ですが、食べた翌日には肌の状態が違うということもあり、女性には人気の高いものとなっています。

上手に組み合わせてきれいな肌を目指しましょう。


肌に良い食べ物って、どんな意味があるの?

肌によい食べ物というとビタミンE、ビタミンC、βカロチン、ビタミンB2、リジン、コラーゲンと言ったものがあります。コラーゲンやビタミンは肌の外側からのケアでも必要となってくるもの。

ですから体の中と外両方からしっかりケアすることでよりよい肌状態をめざすことができます。では、こういった成分は肌にどのように働いてくれるのでしょうか?

どのような働きをするのかを知ることで、それぞれにとって特に必要となってくるものがどういったものかを知ることができます。


肌によい成分にはどんな働きがあるの?

m004-035

肌に良い食べ物はその成分が重要なものとなってくるのですが、その成分の働きを知っておくこともとても大切なことになります。

特におすすめの成分の働きを紹介しましょう。

  • ビタミンE・・・体の中の酸化を予防し、みずみずしい肌を保つ。
  • ビタミンC・・・メラニン色素の生成、沈着を予防し、コラーゲンをつくる手助け。
  • βカロチン・・・体の中でビタミンAに変化し、肌荒れを予防。
  • ビタミンB2・・・血液の循環をよくし、生き生きとした肌に、体内で酵素が抗酸化物質として働くのを助ける。
  • リジン・・・肌を整える。
  • コラーゲン・・・肌のハリと弾力を保つ

このようなような働きが期待できます。

ここでちょっと注目してほしいのがリジンです。リジンは必須アミノ酸の一つとなっています。必須アミノ酸は人間が自分の体で生成することができない成分で、外から摂り入れるしかありません。

野菜や肉、魚といったものをバランスよく摂るようにしていれば特に問題ないのですが、日ごろから食生活が乱れていたりすると不足してしまうこともあります。

こういった成分は、意識して摂るようにすることも大事なことです。また肌に良いというだけでなく人間の体に必要となってくる成分です。

体のため肌のために意識して摂るようにすることも大事なことですね。

肌に優しい化粧品


肌にいい食べ物

af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s

肌にいい成分は、どんな食品に含まれているの?